15_小学校」カテゴリーアーカイブ

どうしても遊びたい

長男が風邪で学校を休んだ日の放課後、クラスメートの友達がやってきました。

「こんにちはー、タカいますか? 遊べますか?」と聞かれたので、「ごめんね、風邪で休んでるんだよ〜」と答えると、「ふーん」とでも言いたげにちょっと間をおいてから、顔の表情一つ変えずに「遊べますか?」と重ねてきた。予想外。

「いや、だから、風邪がうつっちゃうから」と言うと、少し首を傾げて宙を見上げ考えた様子を見せたあと、「うつってもいい」と。

何を言われてもめげず、一向に引き下がらないのがおかしくてかわいくて笑えた。またきてね〜。

食卓がコワーキングスペースになるか?

小学生二人がコロナ休校で家にいるので、午前中、ダイニングテーブルに、宿題をやる小学生二人と席についてPCを広げました。「なんか、コワーキングスペースみたい♪」とか思いながら仕事をスタートしましたが、1時間後にはPCを閉じました。ぜんぜんコワーキングスペースじゃ、なかったです。二人の宿題を見ていたら、あまりにも仕事にならなかったので、最終的に、午前休暇をもらいました。

たぬき汁とアメリカ

食事を作っていたら、次男が寄ってきて「ねぇ、お母さん」と話しかけてきました。曰く、

「ねぇお母さん、たぬき汁って食べたことあるー?」

ややあって、また質問。

「ねぇお母さん、アメリカって世界一の文明国なの?」

んー、なんか両方とも骨太な質問。

話を聞いたら、国語の教科書に『たぬきの糸車』というお話があって、そこに「ワナにかかったらたぬき汁にされてしまうで」ってセリフがあったのだそうな。

それを読んで子供たち、口々に「たぬき汁って美味しいのー?」って先生に質問したんだそうで。「美味しいの?」って、お味を聞いちゃってるし。先生は「食べたことない」ってちゃんと答えてくれたそうです。いい人だ。私もないです。

そして、アメリカは世界一の文明国か否かの件。いま我が家では『オバケのQ太郎』が流行っていますが、その中で、アメリカはテキサス出身のドロンパが「アメリカは世界一の文明国ですからね」って言ってたんだって。

私は「うーん、とりあえず、アメリカは世界一の経済大国だね」って答えたんですが、合ってますでしょうかね。

息子の友達

家の鍵が閉まってて入れなかった、とかで息子の友達(小4)がうちに来て言うには、

「うんこ漏れそうなんでトイレ借してください(てへ)」

「400グラム以内にするんで(てへ)」

・・・早くトイレ行きなさい。

小学校のプリントを整理する方法(最終形態)

もう1月も後半、卒業シーズンが間近ですね。保育園や幼稚園の年長さんがいらっしゃるママ・パパは、小学校への恐怖をつのらせているころではないでしょうか。ふふふ。

ふと、おせっかいおばさん精神がむくむくと湧いてきたので、本日は「小学校で配布されるプリントの嵐にどう対処するか」をお伝えしたいと思います。

我が家は次男1年生、長男4年生。小学校も4年目だし二人通っているしで、私、すでに小学校に慣れましたハイ。PTAも3年間やったしね。

でも、長男が小学校入ったばっかりのころは、あれこれ辛かったねぇ。ま、辛かった思い出はおいおいお伝えしてもいいんですが、今日お伝えしたいのはそれじゃなくて、プリント問題。

小学校って、驚くほどアナログで、情報が、大切な情報が、すべてプリントで配られます。慣れないうちはそれが管理できなくてすごいストレスでした。

で、当初は「大事なプリントをスマホで写真に撮って、Googleフォトのフォルダに保存して夫と共有する」っていうIT先進国な方法で乗り切ろうと思ってました。実際にやってましたし、人にも勧めてましたね。

しかし。4年間たって、結論出ました。その方法は、おすすめできない。なぜなら、

  • 写真を撮ったプリントとまだ撮ってないプリントがどれだかわからなくなる
  • 必ず撮り忘れが出て、フォルダを見ても欲しい情報がないことがある
  • 写真撮ったと勘違いして大事なプリントを捨てちゃって、あのプリント、どこいったー!?ってパニックになる

本当の本当におすすめの方法は、これです。箱〜!

小学校のプリントを整理する方法(最終形態)

(1)A4サイズが入る深さのある箱を一人に一つ用意する(無印良品とかニトリのカゴなど)

(2)学校から配布されるプリント、紙類は、すべて(←ここがポイント)、この箱に入れる

以上

これやるようにしてから、ストレス減りましたね〜。ポイントは、「すべてを入れる」ことなのですが、すべてというのは、学年だより、給食だより、保健だより、PTAのお知らせ、サッカー教室のお誘い、募金のお願い、終わった宿題、健康診断の結果、返却されたテスト、などなど、本当に、す・べ・て。

子供にもそのルールを伝えてやってもらいますし、子供が自分に渡してくれたお知らせとか、子供がリビングに散らかしっぱなしにしたプリントなども、一切分類せずに、放り込む。「これはいらないかな」と判断して捨てたりせず、すべて。

そうすれば、「あれ、授業参観いつだっけ?」とか知りたい情報が出てきたときに、根気よく箱をさらえば必ず出てくる。だって、捨ててないから、絶対あるんです。子供が「あのプリントどこいった?」とか言い出しても「その箱探せばあるよ」って言えばよい。

1年間終わる頃には、この箱から溢れんばかりに紙が山盛りになりますが、1年間終わったタイミングで、いるいらないを判断すればよいのです。ほとんど捨てられます。

どうです? なかなか良さそうでしょう? これさえ知っていれば、小学校のストレスが一つ減りますよ〜^^)

歯が抜けそうです

小学1年生の次男はまだ一人で留守番させられないので私が外出する日は学童保育に行っています。夕方、学童保育に迎えに行って「今日は何したの?」と聞いてみましたら、

「今日ねぇ、『こんにちはの会』で、最後に先生がほかになにか言うことある人いますか?って聞いたから、手を上げて言ったんだよ」

と教えてくれました。「なんて言ったの?」と聞いてみましたら、

「歯がぐらぐらして抜けそうです、って言ったー」

ですと。そのタイミングで「歯が抜けそうです」って情報提供は予想外すぎ。「それで、なんて言われたの?」と聞いてみましたら、

「拍手してくれたぁ〜」

だって・・・なんとまぁ、「歯が抜けそう」発言も面白すぎるし、拍手するって対応も粋ですなぁ。いい小話を聞いた気分になりました。

息子の友達

私が家で仕事をしている日は、学校が終わると息子らは順次、帰ってきます。時には、お友達が遊びに来てくれることもあり、遊んでくれてありがたいなぁと思いつつ、仕事部屋から「いらっしゃーい!」と叫ぶのみで特におもてなしはしないのですが。

小4の息子の友達が来ると、ゲームをしながら米津玄師などを一緒に歌ったりしていることがあり、なんかいいねぇ楽しそうで。と頭の一部で思いながらPCに向かっているわけですが、時々、歌詞がやばいです。

おち〜んち〜んブゥらブゥら ポウ! ポウ! ポウ!(※リピート)

・・・。

私、クライアントさんからお電話がくるときとかもあるわけですよ。電話の後ろでこういうの聞こえたらどうなるんでしょうね。ちょっと面白いけど。

地獄みたいなやつ / A hell-like…

English follows:

小学校から帰ってきた長男が、ちょっとうれしそうな顔で話しかけてきた。

「跳び箱の上ででんぐりがえりする地獄みたいなやつあんじゃん? 今日あれ、できたよ」

a hell-like gymnastics technique

Taka came back from primary school and talked to me with a joyful face.

“Don’t you know the hell-like gymnastics technique that you do forward roll on a jumping box, do you? I did it today!”

What the hell? Congratulations my boy!

8時半に寝ろとか、鬼畜

夏休み前あたりから、小学4年生の長男がちょくちょく学校を休みます。朝、「お腹が痛い」とか「気持ち悪い」とか「喉が痛い」とか「くしゃみが止まらない」とか。

何か大きな原因はないようだけど、もともと家にいるのが好きで、集団行動とか、予定通りに行動するとか、指示されるとか嫌い。それにしてもなぁ。行ってくれないと心配だし、私も大変。

先日、出張で私一人で大阪に行き、夜、小学3年生のママでもある友達と道頓堀でたこ焼きを食べながら羽を伸ばしつつその話をした結果「やっぱり、寝る時間が遅いのが最大の原因ではないか?」という結論になった。友達に毎日の流れを聞いたら・・・

  • 5時に学童から帰ってきたらすぐお風呂
  • 6時半までに宿題
  • 6時半から7時まで夕食
  • 7時から8時は自由時間
  • 8時半に布団に入り9時ぐらいには寝る

ちなみにうちは・・・

  • 7時まで好き放題(ゲームとかテレビとかお菓子食べるとか)
  • 7時から7時半まで夕食
  • 8時までにピアノ(5分以内・・)
  • 8時から9時までなんとなくテレビとかゲーム
  • 9時からお風呂
  • 9時半ごろ「宿題やってない」と言い出す→私がどなる
  • 10時半に布団に入りマンガを読んで11時ぐらいに寝る

良くない良くない。改めて、良くない、と思ったので大阪から帰って早々、二人に宣言した。「これから毎日、8時半に寝ることにするよ!」

長男は半笑いで「8時半とか、鬼畜・・・」とつぶやき私の本気度を疑っていたが、私が夕方に仕事を終えるや否や蛇口をひねり風呂にお湯を入れ「お風呂!」と叫ぶと「てかガチじゃん・・・やば」とのけぞっていました。

こうしてなんとか1週間、8時半から9時半には二人を布団に押し込めた。まだ大して効果は感じられないが、継続は力なり。習慣になるまで続けるしかないのだ。

小学1年生の宿題

ゴールデンウィークが終わったころからだったか、小学1年生にも宿題が出始めました。

今日の宿題はなに?と聞いたら、

と。

え?と思い、もう一度、今日の宿題なに?と聞いたら、

と。ひらがなの、つ、を練習する宿題なのでした。

ひらがなは、あ、から練習するわけではないですよ。

つ、し、く、のように、一筆書きできる簡単な文字から学びます。