カテゴリー別アーカイブ: 13_ハムスター

呼びまちがい

長男と次男のなまえはそれぞれ4文字だけど似ているわけではない。共通点はどちらも昔からあるなまえだってことぐらい。それなのになぜこんなに呼び間違えるのだろう。義母はこの呼び間違いに、自分の息子(つまり私の夫)のなまえもまざりあって大混乱である。先日わがやに三男坊となるゴールデンハムスターのすいちゃんがやってきた。案の定、すいちゃんに向かって「はるちゃんなにやってるの〜!」「はーるちゃん!」などと呼びかけてしまうのである。だが不思議なことに、すいちゃんに向かって「たかちゃん」とは間違わないのである。小さくてかわいい生き物=次男、という頭脳回路のせいだと思う。


ハムスターを土で飼う方法

2週間前、私はついに3人の男の子の母となりました。3人目はハムスターです。

Hello! I’m Sui. I was born in September 2017.

ご覧の通り、土を入れて飼っています。ハムスターを飼うのははじめてですし、本を読んでいろいろ調べてからペットショップに行ったのですが、ペットショップに「土で育ててみませんか」と書いてありまして。なんでも、ハムスターはもともとシリアの砂漠に住んでいたから、土が合っているのだそうです。穴掘りも好きだとか。中東好きな私は「シリアの砂漠」という言葉にたいそう惹かれ、「砂漠を再現してやろうじゃないか!」と、土で飼うことを決めました。

ペットショップで初対面。長男が「この子がいい」と。ゴールデンハムスターの、グレーのロングヘア

土はこちらを購入

手前の「バクテリア補充液」を土にシュッシュと毎日かけます。そうすると、おしっこを分解してくれる。保湿の意味もあります

このザルになっているスコップでうんちを毎日集めて捨てます



土は10cmくらいの厚さを入れます

おうち、ウォーターサーバー、ご飯入れを設置

ハムスターホイールを設置して完成

ハムスターホイールは置くように作られていますが土には置けない(倒れる)ので、針金などで適当に吊るします

これが完成形。ふたは木と金網です。逃げるのがうまいので、ガラスの板(セットになってた)を置いて重しにしてます。夜は布で覆って暗くしてあげます

ハムスターにとっての適温は20度から26度。つまりヒーターが必要です。写真右に見えていますが、薄いヒーターを、おうちのしたあたりにしいて、いまは24時間つけっぱなし。電気代怖い。

もともと猫好きだけどいろいろな理由からハムスターに落ち着きました。結果、けっこうかわいい。インスタで検索したら#hamstagramなんてタグがありまして、さっそくアップしちゃいました。動物は総じてかわいいですな。結論。