08_子連れ旅行」カテゴリーアーカイブ

ドバイ旅行記(4)_絨毯屋さんでゴボゴボ

141223_dubai_carpet

今回のドバイ行きはそもそもドバイにお友達がいる、ということから始まっているのですが、そのお友達がとんでもなくペルシャ絨毯に詳しい。ペルシャ絨毯の専門家もしくは研究者と言っても過言ではないくらい。心底ペルシャ絨毯を愛していて、その愛が溢れ出ているので、さほど興味がなかった私たちもうっかりペルシャ絨毯に夢中になってしまいました。ペルシャ絨毯、といっても種類がいろいろあって、私たちは途中から「ギャッベ」という、ウールの、カジュアルな絨毯を探すことにしました。お友達がギャッベ推しだった影響もあるのですが、実用性があるし、お手頃だし、模様が現代アートのようで面白い。

絨毯愛にあふれるお友達がいく先々で当然のごとく絨毯屋さんを紹介してくれるので(あらゆる店員さんと顔なじみ)、回った数は20店舗近くになるのでは・・・(たった4日間の滞在で!)。短期間に大量の絨毯を見ていくうちに、みるみる自分の目が肥えて、好きなもの、そうじゃないものがわかるようになっていくのが面白い。2日目ぐらいには、目を閉じるとペルシャ絨毯の柄が浮かんで困りました(これ、本当です)。だんだん相場もつかめてきて、3日目には、家族だけで、超マニアックな「デイラタワー」の絨毯街に出陣しました(もちろんここもお友達が教えてくれた場所)。

ちょっと入るのに勇気がいるような下町のビルでしたが、おそるおそる入ってみたら、初めに入ったお店で、勢いのあるおじさんが次々と絨毯をバーン!バーン!と手で叩きながら「ギャランティ!ギャランティ!」と叫ぶ。でも好みじゃないと伝えると、意外にいい人で「あの店ならギャッベがある」とかわざわざ教えてくれる。

で、いくつか店を回ったら、とーっても素敵なものに出会って・・・「これほしい!」と買う気満々だったのだけれど値段が折り合わない。ものすごく粘ってみたけど折り合わない。そんな中で次男が思いっきりお水をゴボゴボこぼす。謝りながら床を拭く。結局、そのお店では買うのを諦めました。いまでもちょっと「ほしかったな〜」って思うほど。Dubaiの「Deira Tower」の「National Iranian Carpets」というお店です。

National Iranian Carpets
Contact : +971-42219800
Address : Deira Tower, Shop No. G1, Beside Macdonald, Naser Square
Timings : Open today 9:00 am to 9:30 pm

店舗にギャッベは置いていないけど、倉庫にたくさんもっていて、オンラインで商品を見せてくれ、気に入ったものを伝えると、1時間後に持ってきて見せてくれました。イラン人の気のいい店員さんと1時間以上交渉して、予算には合わなかったけど、後でお友達に聞いてみたら、ギャッベの中でもクオリティの高い「ファインギャッベ」のものだったようで、向こうの提示してきたのは適正価格だったなと思います。

そもそも「絨毯」について考えたことなんてなかったのですが、興味が出てから「ギャッベ」で検索すると結構よさそうなオンラインショップが出てくる。値段もそんなに高くない。世界のいいものって、もうみんなが気付いていて、どこでも買えるんだなぁなんて驚きました。

で、結局、今回のドバイ”絨毯買い出し”旅行では、お友達が一番親しくしている絨毯屋さんで、イラン製のギャッベを3枚手に入れました。Al-Madaen Carpet Tradingというお店で、ウェブサイトにWe do carpet washing & repairing professionallyとあるとおり、ペルシャ絨毯のクリーニングと修復を行える職人さんが店主です。商売っ気がなく、知的で職人気質。見せていただいた修復中のシルクのアンティーク絨毯は、美術館にあってもおかしくないようなものでした。

IMG_7728

悩んで悩んで、最終的に買ったのが、こちら(青い縁取りのと、ヤギが両側にいるのと、下にある赤いの)

dubai_carpets

「ドバイモール」にある絨毯屋さんの風景。絨毯屋さんではこんな風に、どんどん広げて見せてくれる。これはいわゆるシルクのペルシャ絨毯の、昔ながらではない新しめの柄。「ギャッベ」ではないです。奥にいる黄色いTシャツの人は2歳の次男

dubai_choc_nuts

下町にあるデイラタワーの絨毯屋さんのすぐそばの、人気のナッツ&スパイス屋さん「choc&nuts(チョック&ナッツ)」。サフランとクミンとピスタチオをたっぷり買いました














ドバイ旅行記(3)_メトロでは飲食厳禁!

141222_dubai_metro

初めての子連れ海外が楽しみすぎて不安すぎて、私は旅行の一カ月くらい前から、通勤電車でアホみたいにガイドブックを読み込んでいました。情報系とビジュアル系の2冊を完全に読破し、行く前にはモールの名前やレストランの名前をだいたい覚え、ここの名物はあれでこれで、さらにはこのお店はこのガイドブックには出ていてこっちには出ていなくて、と2冊の違いすら覚えはじめ、地図も頭に入って土地勘すら出てきていました。

「ドバイのメトロでは飲食厳禁、ミントタブレットを口に入れて通報された人もいる」という小さな情報ももれなくキャッチ。

ドバイで、超未来的なメトロに初めて乗ろうというとき、夫にも子供にも、「お菓子食べちゃダメ、お水もダメ」としっかり伝えていたのですが、乗った瞬間、現地の人がお水飲みながらナッツ食べながら新聞を読んでいたのでした。

ちょっと身構えすぎたようです。













ドバイ旅行記(2)_初めての英会話

141222_dubai_balloon

ドバイのプールで、スタッフが風船を配っていました。とっても欲しそうに困った顔で眺める長男に「ほら、”Balloon please.”って言ってきてごらん」と何度も促したけれど、結局言えず。スタッフが気付いて風船はもらえたのですが、「なーんだ〜、英語使ってみればいいのに〜」などと私が長男に文句を言ってその場は終わりました。

帰国後。お風呂に入っていたら、丸いボールか何かを手に持って”Ballon please.”とニコニコ。もう風船配ってるお兄さんも、プールも、強い砂漠の日差しも遠い彼方という時になって・・・

このお兄さんは、英語圏から来た子供に”Where are you from, sir?”
と聞かれ「バングラデシュ」と答えていました。ドバイは、人口の8割近くが周辺国から働きに来ている人たちで、2割が国民という、不思議というか不自然な人口構成で、そのために英語が共通語のようになっています。街中の表記もアラビア語と英語というのが多かったです。観光客を増やすためというのもあると思いますが。













ドバイ旅行記(1)_子連れ旅行のコツはただひとつ

子供が生まれてから約6年。何度か子連れ旅行するうちにわかった「子連れ旅行を成功させるコツ」があります。それはただひとつ。

「旅行先に、いいプールがあること」

以上。

毎日気軽に入れるプールさえ、宿泊施設についていれば、あとはなんでもいいのです。それがどこの国であれ、どんな土地であれ。毎日、まず午前中にプールに入る。子供が満足する。そのあと、ちょっとパワーが弱くなった子らを連れて、自分たちの行きたいところに行く。

そんなわけで、昨年末の、子供が生まれて以来初めて、実に6年ぶりの海外旅行でも、プールのあるホテルを選び、浮き輪から水着までしっかり持って行きました。
141222_dubai_pool

私は昨年の秋頃まで、海外旅行なんて考えもしませんでした。2歳児を連れて海外なんて、疲れに行くようなもの。いいわいいわ、日本で。沖縄行こうよ。とか思っていたのですが「ドバイ」に行きました。

子連れでドバイ?子連れの初海外でドバイ?そもそもなんでドバイ?世界一高いビル?島、作っちゃってるよね?物価高いんじゃない?と、友達にはいろいろ疑問を投げかけられました。まあそうだよね。

理由をまとめてみると、こんなところ↓

✳︎夫が仕事で訪れたときからずっと「家族で行ってみたい」と言っていた
✳︎夫が仕事で知り合った方がドバイにいて、1月に帰国するからその前に行きたい
✳︎秋に自分が異動して、「仕事が忙しくなる前にちょっとどっか遠く行きたい」気分が急激に高まった

そんなわけで、かなりの不安要因にあえて目をつぶり、同時に、心配すぎて、万全すぎる準備をして行ってきました。

結果としてはものすごーく楽しかった〜
子供らが騒いで大変ではあったけど、それは行き先が地元のスーパーでも同じこと・・・どうせ大変なら行きたい場所で・・・

でも、子供が体調を崩さなかったのは類まれなる幸運、ラッキーの賜物だし、現地ではお友達がきめ細かくアテンドしてくださったおかげでなんとかなったのでした。そして私はお仕事を「いま、休む?」という時期に休んでフォローしてもらったし。多方面に、ありがたい、という気持ちです。

ちなに、ドバイでの水着に関して、ガイドブックでは「あまり露出はしないほうがよい」などと書いてあり(違ったかな・・・)、私は防寒もかねて、長袖長ズボンを買い揃えて行ったのですが、白人の方々を中心に、普通にビキニを着ていました。一応、ドバイのルールで「プールなどでは肌の露出OK」となっているそうで。イスラム教の方と思われる女性などは、プールの中でも帽子、長袖、長ズボンで、なおかつ体の線が出ないようなだぶだぶしたものを着ていました。

街中を歩いても、とにかく、人々の服装が普通です。その普通の中に、アラビックスタイルの白い衣装の男性、黒い衣装の女性の方々が優雅に歩いていらっしゃる。そんな風景が素敵でした。













子連れ宮古島旅行

おかげさまで無事、沖縄旅行に行くことができました。行きの機内で次男の身体が熱く、熱を測ってみたら、38.4℃。沖縄出身ぽい超やさしそうなフライトアテンダントさんが「お熱ですかぁ〜?」と来てくれて「・・・えっと、お熱・・・かも?」と、まだまだ発熱を信じたくない私は答えたのでした。結局、「冷えピタ」をいただき、冷えピタをおでこに貼って、宮古島の地を踏んだ次男であります。

で、到着後「海は身体にいいし」(夫談)と海に入れたり、「寝られるし」とドライブに連れて行ったりして、特に何も療養らしいことをしなかったのですが1日で治りました。今回の旅で「普通に生活していても子供の風邪は治る」という新しい知見を得ました。

眺めのよいリゾートホテルのゆったりした雰囲気を、子供達がぶち壊してくる↓140724_spiderman

帰ってきてからメガネ屋さんに行ったらちょっとした“南国かぶれ”を発揮↓140726_glasses

長男、沖縄旅行に思いを馳せるの巻

140713_okinawa_02今年の夏休みは沖縄旅行に行く予定です。次男が生まれてからはおばあちゃんの家しか行っていなかったので、2年以上ぶりの家族旅行。昨日、泊まる予定のホテルのウェブサイトにあった“モチベーションアップ動画”をみんなで見ていたら、上記のような、オレンジ付きのジュースが登場しました。それをしっかりと脳に刻んだらしい長男は、我が家の地味な風呂場で髪を洗いながら、ドラマティックに夢をふくらませるのです。