投稿者「rin.mangadiary」のアーカイブ

覚醒

長男は4歳からヤマハでピアノを習っているので、もう6年目。毎年夏に、発表会があります。舞台の上にたった一人で出ていって、いつもとは違うグランドピアノで演奏する。ピアノの発表会って、人生の中でもっとも緊張する出来事の一つだと思います。

で、長男が言うには、

「ピアノの発表会で一番緊張するのって、出番まであと二人いる時なんだよ」

とうことなのです。あと一人じゃなくて?と聞いてみましたら、

「出番まであと一人になったら、もう緊張しない。覚醒しているから」

ですと。覚醒……この人、やっぱり天才かもしれません。

At the backstage, performers are getting nervous except one who is “awakened(覚醒)”.

Taka has been taking piano lessons for 6 years. He joins a piano concert at a big hall once a year. One day he said to me.

“At the piano concert, I get nervous the most when there are two performers before me. When there is just one performer before me, I don’t feel nervous any more as I am awakened.”

AWAKENED…?! Is he genius?

「ちい」

先日、息子二人を連れて山形に行ってきました。「はい、これがハルの新幹線のチケットね」と子ども用の乗車券を次男に渡したら、そこに印刷してあった「小」の漢字を見て「ちい?」と聞いてきました。

ちい・・・

小学校1年生もようやく漢字の学習が始まりましたが、「小さい」は習っていても、「しょう」という読み方はまだ習っていないみたいです。

地獄みたいなやつ / A hell-like…

English follows:

小学校から帰ってきた長男が、ちょっとうれしそうな顔で話しかけてきた。

「跳び箱の上ででんぐりがえりする地獄みたいなやつあんじゃん? 今日あれ、できたよ」

a hell-like gymnastics technique

Taka came back from primary school and talked to me with a joyful face.

“Don’t you know the hell-like gymnastics technique that you do forward roll on a jumping box, do you? I did it today!”

What the hell? Congratulations my boy!

アリか犬に生まれたかった

先日、息子二人を連れて山形に行ってきました。天童市に行く用事ができたので、ついでに連れて行けば子どもにとってもいい経験になるかなと。

新幹線でお昼頃に天童駅に着いて、駅ビルに入っていた、ラーメンもパスタもある小さな食堂でお昼にしました。注文したミートソースパスタを食べながら、7歳の次男が言うのです。

“I wish I had been born as an ant or a dog.”

「俺、アリか犬に生まれたかった」

なんで? と聞いたら「いろいろやらなくていいじゃん、人間みたいに」と。こんな小さな少年に、私はあれこれ負担をかけているのかなぁと心配になりました。

I visited Yamagata prefecture with my boys as I wanted to visit the museum there. After we arrived at Tendo-shi station in Yamagata, we took lunch at a small restaurant in a small station.

Haru, 7 years old, suddenly said eating meat sauce pasta he ordered.

“I wish I had been born as an ant or a dog.”

“Why?” I asked. He said, “Because ants and dogs don’t have too many plans to do like humans”.

I wonder I am demanding this little boy too much…

8時半に寝ろとか、鬼畜

夏休み前あたりから、小学4年生の長男がちょくちょく学校を休みます。朝、「お腹が痛い」とか「気持ち悪い」とか「喉が痛い」とか「くしゃみが止まらない」とか。

何か大きな原因はないようだけど、もともと家にいるのが好きで、集団行動とか、予定通りに行動するとか、指示されるとか嫌い。それにしてもなぁ。行ってくれないと心配だし、私も大変。

先日、出張で私一人で大阪に行き、夜、小学3年生のママでもある友達と道頓堀でたこ焼きを食べながら羽を伸ばしつつその話をした結果「やっぱり、寝る時間が遅いのが最大の原因ではないか?」という結論になった。友達に毎日の流れを聞いたら・・・

  • 5時に学童から帰ってきたらすぐお風呂
  • 6時半までに宿題
  • 6時半から7時まで夕食
  • 7時から8時は自由時間
  • 8時半に布団に入り9時ぐらいには寝る

ちなみにうちは・・・

  • 7時まで好き放題(ゲームとかテレビとかお菓子食べるとか)
  • 7時から7時半まで夕食
  • 8時までにピアノ(5分以内・・)
  • 8時から9時までなんとなくテレビとかゲーム
  • 9時からお風呂
  • 9時半ごろ「宿題やってない」と言い出す→私がどなる
  • 10時半に布団に入りマンガを読んで11時ぐらいに寝る

良くない良くない。改めて、良くない、と思ったので大阪から帰って早々、二人に宣言した。「これから毎日、8時半に寝ることにするよ!」

長男は半笑いで「8時半とか、鬼畜・・・」とつぶやき私の本気度を疑っていたが、私が夕方に仕事を終えるや否や蛇口をひねり風呂にお湯を入れ「お風呂!」と叫ぶと「てかガチじゃん・・・やば」とのけぞっていました。

こうしてなんとか1週間、8時半から9時半には二人を布団に押し込めた。まだ大して効果は感じられないが、継続は力なり。習慣になるまで続けるしかないのだ。

信じられないほどの記憶力の低下

最近、いろいろと忘れてしまって「あ、忘れてた!」とか「えーそうだったっけ」などと連発しておりましたら、長男が、

信じられないほどの記憶力の低下

と言ってきました。ここまでキッパリ言われてしまうとかえって気持ちがいいですな。

“Incredible deterioration of memory.“

I turned into 41 years old and I am becoming forgettable these days. I often say something like “Well…I can’t remember.” “Oh, I’ve forgotten about this…”

My 10 years old son Taka heard my words and said to me.

Incredible deterioration of memory.

If you say clearly so far, I rather feel good!

キレイなお姉さん

職場の、コミュニケーション力ナンバー1のMさん(30代)は、ランチで行ったカフェや食堂でお店の人に話しかけるとき、女性なら相手がどんな年齢でも「あのー、お姉さん、」って話しかける。

「あの人、お姉さんじゃないじゃん」とあとで指摘する野暮な私(40代)に教えてくれたのは「30歳すぎたら、みんなお姉さんです」ってこと。そうかぁ〜。おばさんはこうしてコミュ力を一つゲットした。

ふむ、うちの青二才にもいずれ教えてやるとしようか。

ホウレイ線

ある日、仕事から帰ると、スイミング教室に行かなきゃいけない長男が、こちらに背を向けて小さな声でつぶやいた。「お母さん、今日スイミング行きたくない・・・」

具合でも悪いのかな・・・

そもそもスイミング好きじゃないしサボりたいのかな・・・

その時。長男がこちらを振り返った。

顔の落書きが消〜え〜な〜い〜んだヨォ〜♪ 黒いマジックで口の横にグイーっと書いちゃったホウレイ線をくっつけて、超困り顔。「洗っても消えない・・・」だって。

「バカすぎワロタ」ってきっとこういう時に使う表現ですよねwwwww

先祖の話

夏に法事がありまして、久しぶりにお墓参りをしたので、長男に先祖の話をしてみました。

ひいおじいさん、こんなやしゃごですみません。そもそもひまごによる「哲学の説明」が大々的に間違っている可能性もあるけど。

うちの天才

夕飯を食べながら、長男が隣の部屋でピアノを練習するのを聞いていたら・・・

一人で練習しているのだが、自分の弾き方に納得できないらしく「そうじゃないんだよっ」「シネッ」「シネッ」・・・とつぶやいている。

天才なのか? はたまたただの変人か? 長男はうちのエキセントリック担当です。