「あぁ、今死んでも後悔はないな」と一瞬思った話

4歳になってすぐ、ヤマハでピアノを習い始めた長男。4〜6歳は集団レッスンで、長男が荒れていた時期とも重なり、まぁそりゃ毎回毎回、しんどかった。まず、教室まで連れて行くのに一苦労だったし。一度はヤマハに電話して「(自分が)大変すぎるからもう辞めたい」って泣きついたこともあったなぁ。

受付にいるお姉さんがとってもやさしくて「他の生徒さんから苦情は来てないですし」って引き止めてくれたのでなんとか思いとどまり、今ではかれこれ8年目。そのお姉さんには、それからずっと心の中で「あのときは引き止めてくれてありがとう」って感謝してる。

先日、発表会がありました。コロナ渦だから、演奏後の先生との挨拶なし、写真撮影なし、会場入れ替え制、自分の演奏が終わったら帰ってよし、などなど関わる人数を最小限にしていて、それでもどうにか開催してくれたんだなぁと感じました。

長男は、小さい頃は発表会では緊張をかかえこんで口数少なく無表情だったけど、今回は緊張が高まるにつれ「やべぇ、こええ!」「絶対失敗する!」「今日さ、オレ一番好きな服来てきたんだよ、そのほうが弾きやすいから、この服一番好きなんだよ(←完全に普段着)」などなど小声でぶつぶつしゃべっていて、「あ〜、緊張を外に出せるようになったんだなぁ、成長したなぁ」と、すでに母、センチメンタル。いよいよ出番が近づき舞台袖に向かうというとき、私が「深呼吸だよ!」って小声で声をかけたら「うるせぇ、ババア」って小声で返してくれました。うん、いつもの調子。

そして舞台に。少し演奏は固かったけど、最後まで弾ききって、その姿を見ていたら目頭が熱くなり……「あぁ、もう私、今死んでも後悔はないかな」って一瞬思いました。一瞬ですけど。まだ育てなきゃならないし。たぶんこれからも予想もつかない大変なことがいろいろあるんだろうけど、こういう瞬間は人生のご褒美かな。ちなみに次男も初めての発表会をマイペースに弾ききってくれました。こちらも完全に普段着で。普段着兄弟。

♪ヤマハピアノ教室に関するこれまでの記事一覧はコチラ! ピアノを習うときの参考になるかもです。ならないかもです笑

日本昔ばなしの恩返し的な

ちょっと前に、コロナワクチン2回目を打ちました。熱が出て、思いの外だるさが長引いて、何もできずに寝ていたら、夕方、長男が次男に「おい、買い物行くぞ!」と声をかけ、近くのスーパーに出かけていきました。

帰ってくると、キッチンから「焼きうどん作るから〜! 何玉作ればいい〜?」と長男の声。「よんたまああ!!!全員分、作って!」と寝床から叫びながら、しみじみとしました。まるで、日本昔ばなしみたい。むかし世話をしたキツネかなにかが、恩返しに来てくれたみたい。

料理する長男は見えなかったけど、寝床で想像するその姿にはお耳としっぽが生えていました。

いってらっしゃい♪

習い事に行く長男を、玄関で見送っていたら、長男が次男の顔を見て「オマエ、何だその顔は?!」「オレがいなくなってうれしいって顔に出すぎだぞ」とキレていた。

長男に聞いたら、次男はこんな顔をしていたんだって。

長男が家を出て、ドアが閉まるか閉まらないかのうちに、次男は「わーい、わーい♪ フォトナ(ゲーム)やろぉ〜っと♪」と階段をかけあがっていきました。

いつも兄にあれこれ命令されている弟にとって、兄が家を空ける時間は気ままに過ごせる楽しみな時間。そして兄もそれに気づいているのです。弟があからさますぎるからね。

「おかーさん、いま再起動してる」

次男がYouTubeを見ている隣の部屋でヨガをやっていたら、次男のところに長男がやってきて、「おかーさんどこ?」と聞きました。すると次男が、

「おかーさん、いま再起動してる」

と答えたんです。確かに、ヨガって❝再起動感❞ある……あまりにも的確な表現だったので、アクロバティックなポーズを取りながら、筋肉がプルプル震えました。小学三年生にして、もうヨガの本質がわかっているのでしょうか。

タルトシトロン撮影会をしました(1人で)

とある日曜日、1日を自由に使えることになり、なにをしようかあれこれ考えたのですが、たくさんの候補のなかから「ずっと食べてみたかったケーキを買いに行く」ことに。目指すは東京は根津にあるケーキ屋さんの「タルトシトロン」。

川崎の下町から遠路はるばる電車を乗り継ぎ、東京の下町へ。憧れのケーキ屋さんで予約していたタルトシトロンを2つ買って、ついでに根津神社にお参りして「なるほどここは徳川家ゆかりの……」と少しばかり運気を上げ、賢くもなって、帰りました。

レモンを使ったケーキが好きで、タルトシトロン、レモンパイ、レモンタルト、というキーワードをinstagramでもフォローしているのですが、メレンゲの乗ったタルトシトロンを食べるのは今回が初めてでした。ケーキ屋さんで見かけるのは、レモンクリームの上に生クリームを乗せているものが多いから(それはそれで好き)。

手に入れたタルトシトロンは、まず、見た目が美しい。美しすぎる。メレンゲが白いバラのかたちで、白いメレンゲの角がほんのり茶色になっていて。食べたい気持ちを抑えて、一番似合うお皿に乗っけて、わざわざ外に持って行って激写しました。

食べてみると、バターたっぷりのタルト生地と、レモンクリームの冷たくてトロっとした感じと、メレンゲのやさしい温度でふわっとした感じが組み合わさって……感無量。売っているのは夏の間だけなのだそうで、もう1回は食べたいなぁ……。

パティスリーセレネー
https://www.1989selene.com/

川崎はどこまで行っても川崎だった

夏休みだけど、旅行にも行けないことだし、たまには川崎の歴史をめぐってみようと、「東海道かわさき宿交流館」に行ってみました。10年以上川崎に住んでいますが、初めての場所だったのでワクワク。東海道五十三次の2番目の宿場だった(ということも初めて知った)川崎宿についてちょっと学び、旧東海道沿いのお散歩マップをもらいました。

自然にも触れたかったので、多摩川沿いの「六郷の渡し碑」を見て、多摩川沿いに少し歩くことに。てくてくと歩くうち「いい散歩ルート見つけた〜♪」といううれしい気持ちと同じぐらいの大きさで、「川崎って、どこまで行っても川崎なんだな(苦笑)」という気持ちも湧き上がってくるのを感じました。

たとえばね。

  • 記念碑を多摩川を一緒に写真に収めようとしたら、ビニール袋に入ったゴミがどうしてもフレームインしてくる
  • 尋常じゃないぐらい騒がしい鳥の声がしてふと顔を上げたら荒れ放題のおうちの2階からインコがこんにちは(ヒッチコックの『鳥』かと思った)
  • 適当に歩いていたら川崎競馬場がドーンと登場

私は心のどこかで「川崎にも、ヨコハマみたいな本当に素敵な散歩道が、どこかにあるんじゃないか」ってずっと探し続けていた気がするんけど、わかったよ、うん。まあいいよ。それでも私は、好きぃです、かーわさっき、あーいのまっち〜♪です。

※川崎南部の話です。
※ディスってないです。

子どもが喜ぶメニュー 27選!

ついに夏休み。子どもたちの食事を朝、昼、晩、と用意するの大変ですよね。私はメニューを考えるところが結構負担に感じます。「自分が食べたいもの」なら楽なんですけど、子どもが確実に食べるものとなると……。

そこで、過去の経験から「子どもが喜んで食べてくれると思われるメニュー」をリストにしました。たとえば、スーパーに行ってはみたものの「はぁ、今日何作ろう……」って悩んでしまったら、このページのリストから選ぶだけ!という活用方法をイメージしております。絵をつけたので、子どもと一緒に選ぶこともできるはず。

これがどれだけ役立つかは未知数ですが、どうかどうにか、平穏無事に夏を乗り越えられますように。

1. 麺類

ラーメン、冷やし中華、焼きそば、パスタ、うどん、焼きうどん

2. ごはんもの

カレーライス、豚丼、牛丼、オムライス、チャーハン、たきこみごはん、そぼろごはん

3. 定食系(ごはん+サラダor味噌汁をつける)

焼き魚、お刺身、ハンバーグ、豚汁、焼き鳥、餃子、チキンステーキ、からあげ、しゅうまい

4. スナック系

ハンバーガー、サンドイッチ、ピザ、たこ焼き、ポテトフライ

↓↓↓↓↓ちなみに、朝ごはんの記事もあるのでよかったらご参考になさってください↓↓↓↓↓

世の中の「弟」のみなさん、お疲れ!

「兄と弟」って、いろんな関係性があると思いますが、我が家の場合、兄はわりと暴君です。弟に命令するわ、弟のお菓子を勝手に食べるわ……。鬼滅の刃で炭治郎が弟や妹にめちゃくちゃ優しいのを見て「兄弟ってなんだろう」って思いました。

だから次男はとてもタフで世渡り上手。ぶつぶつ文句を言いながら命令を受け流し、聞き流し……。

先日、次男の洋服ダンスを開けたら、下着入れの引き出しに、駄菓子屋で自分で買ったお菓子が入っていました。リスがどんぐりを土に埋めて隠すがごとく、駄菓子を下着に混ぜ込み(兄から)カモフラージュする次男。苦労がしのばれます。弟、お疲れ!

日光修学旅行で買ってきてもらったもの

長男は無事、日光の修学旅行から帰りました。とっくのとうに帰っております。私が頼んだ「乾燥ゆば」をちゃんと買ってきてくれました。頼んだのは自分だけど、乾燥ゆばを持ってレジに並ぶ小学生男子って、しぶい。

楽しいとかうれしいとか、あまり表情に出すタイプじゃないのですが、「うん、まあ、楽しかったけど」と言っていました。よかったねぇ。

集合写真を撮るたびに騒ぐ子どもたちに先生がキレて、でも写真を撮るときには「はい、怒られたことは忘れて、笑って!」と言われたエピソードを聞きながら、またもや先生に感謝。去年はコロナでほとんど行事がなく、卒業アルバムに載せる写真があまりないので、一生懸命撮ってくださっているのではないかしら、と。

そして明日は国会議事堂見学に行くそうです。お弁当は「最悪、立ったままでも食べられるもの」。輪になってお弁当を食べたりはできないからです。さきほど冷凍庫をあさりましたら、生協で買った「中華ちまき」があり、形もおにぎりに似ているしということで、ダメ元で「これどう?」と長男に聞いたらまさかのOK。明日の朝は、笹に包まれた中華ちまきを温めるだけでお弁当づくり完了です。わーい。

長男修学旅行の夜に思うこと

本文とは関係ないけど2年前に行った立山

今日は長男の修学旅行。なので、長男がいない夜を迎えております。「修学旅行列車」で日光に行ったと思われます(いや日光には確実に行っているんだが、「修学旅行列車」なるものはママ友に聞いただけの情報だから)。

なんでも、近隣のいくつかの学校が修学旅行の日程を合わせて、臨時便のようなものを出して、効率よく移動するのが「修学旅行列車」らしい。昭和っぽい響きで面白いなぁ。こんな状況で、小学生のために頑張ってくれている学校や関係者のみなさまに感謝です。

さきほど、学校からの一斉メールが送られてきて、「本日は無事、日光東照宮の観光を終え、いまは元気に夕食を食べています。9時半に就寝です」的な内容が書いてあって、なんか泣けた。そしてなぜか急に、12年前に長男を出産して「明日一緒に退院」という日に「黄疸が出てるからお子さんだけ退院せず治療します」と医者に言われ泣いたことを思い出した。

そう、本日は長男の世話が不要で、「うっせーばばあ!」とも言われず、兄弟小競り合いも勃発せず、兄不在で悠々とゲームにいそしむ次男は気配を消しており、夫は残業で帰らず、暇なママは思う存分郷愁に浸っているというわけです。

さて、思い出話、続けます。「黄疸が出ているから退院できない……」の件は、後で調べたらよくあることらしく、泣くほどのことでもなかったのかもしれません。実際、私のおばあちゃんは「あぁ、よくあることだねぇ」ってコメントしてたし。でも、治療服を着せられて、光線治療用のプラスチックの小さなベッドというか箱(?)に固定されている長男を見たら、そのときは悲しかったんですよ。

ただ、悲しいと思う一方で、治療服がきれいなブルーで黄色いアヒルの絵が書かれていたことに非常に感銘を受けました。治療だけを考えれば治療服をかわいくする必要性なんてこれっぽっちもないし、着せられる赤ちゃんは服がかわいいかどうかなんてまだわからないのに、おそらく「治療されている赤ちゃんを見る親の気持ち」を考えてかわいくしているんだなぁと。どっかのだれかの思いやり。いまでもその治療服をときどき思い出します。

というわけで、今晩は暇なので思い出話させていただきました。明日夕方には帰ってくるのでこういうの今日だけです。お付き合いいただきありがとうございました。