長男修学旅行の夜に思うこと

本文とは関係ないけど2年前に行った立山

今日は長男の修学旅行。なので、長男がいない夜を迎えております。「修学旅行列車」で日光に行ったと思われます(いや日光には確実に行っているんだが、「修学旅行列車」なるものはママ友に聞いただけの情報だから)。

なんでも、近隣のいくつかの学校が修学旅行の日程を合わせて、臨時便のようなものを出して、効率よく移動するのが「修学旅行列車」らしい。昭和っぽい響きで面白いなぁ。こんな状況で、小学生のために頑張ってくれている学校や関係者のみなさまに感謝です。

さきほど、学校からの一斉メールが送られてきて、「本日は無事、日光東照宮の観光を終え、いまは元気に夕食を食べています。9時半に就寝です」的な内容が書いてあって、なんか泣けた。そしてなぜか急に、12年前に長男を出産して「明日一緒に退院」という日に「黄疸が出てるからお子さんだけ退院せず治療します」と医者に言われ泣いたことを思い出した。

そう、本日は長男の世話が不要で、「うっせーばばあ!」とも言われず、兄弟小競り合いも勃発せず、兄不在で悠々とゲームにいそしむ次男は気配を消しており、夫は残業で帰らず、暇なママは思う存分郷愁に浸っているというわけです。

さて、思い出話、続けます。「黄疸が出ているから退院できない……」の件は、後で調べたらよくあることらしく、泣くほどのことでもなかったのかもしれません。実際、私のおばあちゃんは「あぁ、よくあることだねぇ」ってコメントしてたし。でも、治療服を着せられて、光線治療用のプラスチックの小さなベッドというか箱(?)に固定されている長男を見たら、そのときは悲しかったんですよ。

ただ、悲しいと思う一方で、治療服がきれいなブルーで黄色いアヒルの絵が書かれていたことに非常に感銘を受けました。治療だけを考えれば治療服をかわいくする必要性なんてこれっぽっちもないし、着せられる赤ちゃんは服がかわいいかどうかなんてまだわからないのに、おそらく「治療されている赤ちゃんを見る親の気持ち」を考えてかわいくしているんだなぁと。どっかのだれかの思いやり。いまでもその治療服をときどき思い出します。

というわけで、今晩は暇なので思い出話させていただきました。明日夕方には帰ってくるのでこういうの今日だけです。お付き合いいただきありがとうございました。

小学生男子が喜ぶプレゼント

長男の誕生日前が近づいてきて、義母から「たかちゃん、プレゼントなにがいいですか?」とLINEが来ました。そこで、長男が喜びがちなものを思いつくままに挙げていった結果・・・

長男の好きなものである、

・電気系
・切る系
・虫メガネ系
・キラキラ系
・役立ちグッズ系

を見事に絵文字でまとめてくださってちょっと感動しました。

ちなみに、私から長男へのお誕生日プレゼントは、超ミニハサミのキーホルダー。義母からは「液体の中にカラフルなガラス玉がいくつか入っていて、浮いたり沈んだりする温度計」が届きました。おまけ的に、小さな虫眼鏡のキーホルダーも! 私の両親からは「ペットボトルを下げられるキーホルダー」「アイスクリームをつくるカップ」などが届き「これほしかったやつ」とつぶやく長男。みんな、わかってるぅ!

小学生男子のプレゼントに迷ったら、選ぶ参考にしてみていただければ幸いです。

6年前にも同じようなテーマで記事を書いてました。よかったらこちらも読んでください♪

「行きはよいよい、帰りは怖い」事件

先日、息子らを大きな池のある公園に連れていきました。池には、陸からジャンプすれば飛び乗れるような位置に、岩がポツポツと配置されています。

手前が尖って小さい岩。その先にある岩が丸っこくて大きい岩。長男が手前の小さい岩からその先の大きい岩に飛び移ろうとしていたので警告しました。

「その丸っこくて大きい岩に飛び移るのは簡単だけど、戻る時、尖って小さい岩に飛び乗るのは難しいよ」

長男はそれを聞いて一応なるほどという顔をしたものの、やってみたいのが小学生。とりあえずジャンプしちゃうんだな〜。

さて丸っこくて大きい岩に飛び移った長男。案の定、帰れなくなりました。さあどうする?! 尖って小さい岩に飛び乗るのに失敗した場合はこんな展開が考えられます。

1)池に落ちて全身びしょ濡れになるが怪我はしない
2)池に落ちて全身びしょ濡れになりかつ怪我をする
3)池に落ちて全身びしょ濡れになりかつ大怪我をする

一緒にいた私の父は、こんなところで怪我をされたくないので「まず靴と靴下を脱いで陸に投げて、はだしで池の中を歩いて陸まで戻ってきなさい」と提案。私は1)2)なら許容範囲かなと思って見ていました。

大きな岩の上でジャンプするための体勢を取りながらも、タイミングを図りあぐねて固まっている長男。陸からのんきに「がんばれぇ〜♪」と応援する次男。呆れ顔で眺める私と、「危ないことはやめておけ」と止めるじいちゃん(しかし飛ぶ瞬間を撮ろうとカメラは構える)。気づけばさらに、知らない子どもやオジサンなどのギャラリーまでポツポツと集まってきました。さぁどうするんだあ〜?

30分ぐらい経過してしまったので、もういい加減帰りたいなと思い、私が尖った小さい岩に乗り、手を伸ばして「手を掴んでこっちに来れば?」と提案したら……

「もうちょっとだけ、時間をくれ。自分で飛びたいんだ」

と。セリフだけ聞くとやけにかっこいいじゃないかよ〜。なんだか壮大なドラマのようになってきたので面白くなり、「わかった」と引き下がって見守ること数分。じいちゃんがちょっとよそ見してカメラを外し、私もみんなもちょっと飽きて関心も薄れたその隙を縫うかのように、ぴょん、ぴょん、とジャンプして、無事に陸に戻ってきたのでした。

始めから最後まで、ちょっと面白いYouTubeを見ているようなワクワクがあったな〜。私とじいちゃん以外の観客は、池に落ちることを期待していたんだろうけど(笑)

小学生にノセられる

先日、「修学旅行説明会」なるものがありまして、在宅ワークを抜け出して小学校へ。まあ正直なところちょっとめんどくさいなぁと思いながら校庭を歩いていたら、次男の友達である小3女子が「あ、はるちゃんのママだ〜」と話しかけてくれました。

「久しぶり〜」と返すと、一緒にいたお友達に「美人でしょ〜!」と言ってくれるではないですか。「美人!」と心の中で喜んでいると、お友達が「うん、何歳ですかっ?!」って間髪入れずに聞いてきた。そこで、「何歳に見えるぅ?」という超絶ウザい返しをしてみたら、なんともリズミカルに「21歳!」「26歳!!!」と、2人で合いの手を入れてくるのです。

もう、ニタニタくねくねしながら「42歳だおん」と答えたら、「えーーーーっ!!」って期待以上のリアクションでのけぞってくれる少女たち。なんなの。なんなのおばさんをこんなにいい気分にさせて。おかげで帰りの足取りはふわふわと軽く「ふふーん、たまには小学校もいいわねん♪」とすっかりノセられていたのでした。小学生って、すごい。

これぞ正真正銘の「反面教師」

「みんな〜、ビーカーなどは片手で持つと落としてしまうので、必ず両手で持つように〜!」

理科の実験の授業で、先生が6年生のみんなに注意しました。そのとき、先生が片手で持ったビーカーを落っことし、ガチャーン、バリバリバリ!!!

先生:「いいかー、これぞ『反面教師』だ〜。先生はみんなに悪い例を見せたんだぞ〜」

小学6年の長男がこのエピソードを教えてくれたのですが、私、大感動。まさにこれぞ、言葉通り、正真正銘の「反面教師」じゃない? 「すごいねそれ! 教師による、ホンモノの『反面教師』じゃん!」と盛り上がる私の感動が長男に伝わったかどうかはわかりませんが。

長男の小学校では、理科の授業は担任を持っていない教務主任とか非常勤などの先生が担当してくれることが多いのですが、去年も今年も割とやんちゃな授業が繰り広げられているらしく、長男は結構楽しそう。先生も、担任を持っていない気楽さで、のびのび授業ができたりするのかなと思ったりする。

とはいえ先生は親と話す時はすごーく真面目な顔をしているから、「ふーん、この先生がね……」って心の中でニヤニヤしちゃう。

思い返せば私も中学高校時代、非常勤の先生の、どこか他人事みたいな脱力感だったり、家から抜け出してきた奥様みたいな雰囲気だったりに、心が緩んでホッとできる感じがしてたなぁ。

小学生の日記 vs 先生のコメント

我が家の兄弟は、小学校の宿題で、よく日記を書いています。次男の日記をふと覗いてみたら……

「いつも兄キといっしょにあそんでいます」
「たまに兄キのともだちともあそびます」

いつから兄を「アニキ」って呼ぶようになったんだ……しかも「兄キ」。

この日記でなにより好きなところは、先生からのコメント。「お兄ちゃんと家で遊んでいるんだね。楽しそう!!」。優しさに溢れてる。「兄キ」を完全にスルー。

小学3年生の自由奔放な文章と、先生からのまじめコメントの組み合わせが絶妙で、いつもにやけてしまいます。

「わかるわかる、ジョン・レノンみたいなことでしょ?」

私と夫は、結構、価値観が違う。友達からは「すごく似てる(顔も)」とか、「似たもの夫婦」とか言われることもあるけれど。

最近は世の中のいろいろなところで分断や対立が起きていて、それに加担したくはないのに、夫婦間でも、ニュースに対する考え方で分断や対立が起きがちな近頃。ツライ。

先日の朝、日米関係についてのちょっとした会話で夫が言った一言に「え?!」となり、聞き流すことができずに2日ぐらい怒り続けておりました。

分析するに・・

夫は、世界情勢などの現状把握が得意で、世の中が今動いている仕組み、パワーバランス、ルールの中で、どう振る舞えば最適な結果が得られるか、という視点から話をする。(※あくまで私の分析)

私は、現状把握は抜けが多く、世の中の現在の仕組みはいったん置いておいて、最終的に人類が目指すべき(だと私が思う)世界から逆算して、人道的、倫理的な視点から話をする。

2人をまぜて2つに分けたら一番いいと思うんだよなぁ!

くだんの朝の対立については、言っても通じなかったら自分がさらに傷つくし、言い負かす自信もなかったので黙って怒っていたのですが、最終的に「なんで怒ってるの?」と聞かれたので、ダラダラと私の考えを述べ「これ、伝わってる?」って聞いたらば、

「あぁ、わかるよわかる、ジョン・レノンみたいなことでしょ?」

ってまとめられました。さすがビートルマニア。例えがビートルズ。いきなりのジョン・レノン登場にびっくりしたし、「そうなの・・かも?」という気持ちも湧いてきて、怒りの炎はひとまず鎮火されました。

今後は、だれかに自分の考えがうまく伝わらなかったら、BGMにイマジンを流し「つまり私が考えているのはジョン・レノンみたいなことです」って言おうかな(苦笑)

理解し合うって難しいですねほんと。

棟梁が小言を言っているのかと思ったら

我が家の兄弟は、マイクラ(マインクラフト)が大好き。ときどき、友達も来て一緒に遊んでいる。私の仕事部屋には子どもたちがゲームに興じる声が聞こえてくる。

マイクラは、レゴブロックみたいなパーツを組み合わせて家とか城とか町を作ったりできるゲームなので、3人ぐらいで「よし、ここにホテルを作ろう」とか言っている。

たいてい、長男がリーダー的な役割になって、あれやこれやと友達と弟に命令しているのだが、指示の出し方が、まるで棟梁かなにかみたいなのだ。

「ちょ、お前ら、内装にこだわりすぎ!」

「そんな細かいところに時間かけてたら、建築が進まないだろ?!」

こんな偉そうな言い方をされても素直に「おう、そっか」「わかったー」と応じる友達と弟も可笑しいし。

先日はゲーム中のいざこざから友達と取っ組み合いになって帰っちゃったけど、数日したらまたやってきていつもどおり遊んでいる。あぁ、なんだかうらやましいなぁ〜

小6男子と小1のちびっこたち

4月から、晴れて最高学年となった長男。家に帰ってきてぶつぶつ言っている。よく聞いてみれば、

「あー、1年生が思ったよりバカだった」

と。どうやら、1年生の給食の準備や片付けを6年生が手伝いに行くシステムになっているようです。「牛乳パックのたたみ方を教えたんだけどさー」って言ってました。

翌日。

「あー、1年生がさー」

「すげー『じゃんけんしよう♪』って言ってくんだよ」

と。まんざらでもない表情。

さらに翌日。

「1年生がさー、俺が給食の帽子取ったらすげー髪がボワってなってるの見て『ファイヤーだ!ファイヤーだ!』って大騒ぎしてさー」

「俺が、『ハッピーセットだよ〜』って言いながら牛乳配ったら、俺のこと『ハッピーセット・ファイヤー』って呼んでるんだよ」

と。なんだかんだで、ちびっこ人気がうれしくてしかたない様子なのでした。

長男は身長が160cm以上あって、無愛想で、声変わりもしてるから、1年生のちびっこからしたら「怖っ」ってなりそうだけど、果敢にわちゃわちゃ近づいてくるのかわいいなぁ。ちびっこも、ちびっこにからまれてニヤニヤしている長男も、かわいくてしかたない春のおばさん(私)です。

今日はランドセルの日かそうじゃないか、それが問題だ

先日の始業式の朝、我が家の新小6と新小3の兄弟が、「今日は何を持っていけばいいのか?」と何度も何度も確認してきました。

「プリントに書いてあるでしょ?」「手提げかばんと、ハンカチと、ティッシュと、上履き、って書いてあるよ!」と言っても、10分後には「ねぇ、今日、本当にランドセル持っていかなくていいのかな?」と聞いてくる。

そう、小学生にとって「今日はランドセルの日かそうじゃないか」は大問題。「そんなに心配なら、家の前をだれか通るのを待って、その人がランドセルしょってるかしょってないか確認してから行けば?!」と言うと、次男はブラインドのスキマから通行人を確認……。

気持ちはよくわかるんだけどさ。持ち物を全員揃えたりするから、こんな心配が発生するんでないの?と思うんですがどうなんでしょう。使いやすいものとか似合うものは人によって違うんだし、もっと自由にしちゃったほうが、「みんなと違ったらどうしよう?」という不毛な心配にもエネルギーを使わず、幸せなんじゃないかと思うんだけどねぇ。